大倉 英人のプロフィール

名前 大倉英人
出身地 埼玉
経歴 大学卒業→携帯会社に営業として就職
現在は副業で恋愛コンサルタントして活動しています。
専門分野 営業スキル 恋愛スキル全般 女性の恋愛心理
趣味 アニメ ゲーム 女の子と遊ぶ事
過去の実績 ・大手携帯会社の営業でトップセールスを受賞
・コミュニケーションのセミナー講師としても活躍
・100個以上の恋愛教材を保有
・恋愛教材やセミナー等、恋愛を学ぶために使った金額は200万円以上
・出張先でつくった現地妻の1人に、別れ際に刺されかける
・女性経験がほぼなかった男性を指導し、セフレを複数人つくるモテ男に
現在の活動内容 ・営業と恋愛で培ったコミュニケーション術を、メルマガやyoutubeで配信
・恋愛教材購入経験を生かし、恋愛教材の良し悪しをサイトで解説
・セミナーを開催し、講師として女性の心理やコミュニケーション術を解説
・「出張恋愛コンサルタント」として、個別から少人数の男性を指導
(会話、合コンの立ち回り、デートの方法等)
当サイトの目標 「バンバン女性を口説き落とし、好きな女性を選べるモテる男性」を輩出する

 当サイトの管理人「大倉英人」について

はじめまして、大倉英人(おおくら ひでと)といいます。

私を一言で表すなら「恋愛コンサルタントを副業でやっている携帯電話会社の営業マン」です。

 

自分で名乗っていてなんですが、パッとしないですよね。

 

ですが、それが事実なので、そう書くしかないんです。

世の中には私のような「恋愛へのアドバイス」を仕事としている「恋愛コンサルタント」のような方々はたくさんいます。

その多くが最初からモテるような人達なんですが、私は残念ながらそうではありません。

 

むしろ、モテるようになるまでは結構長い道のりでした。

 

このサイトはそんな私がモテるようになるまで、そしてモテるようになってから…そしてさらに「恋愛コンサルタント」になってからの経験を元につくったものになります。

大倉英人は何故モテなかったか

私、大倉英人が何故全然モテなかったかと言うならそれは「オタク」だったからです。

もっと言うならば「ダメなオタク」だったからなんですね。

もっとはっきりと正直に言うなら「ダメ」だったからです。

オタク関係ありません。

 

変な説明の仕方をしてしまいましたが、この「オタクだからモテない」と思い込んでいた事が、私がモテなかった大きな要素の一つだったんです。

 

よく言われている

オタク=モテナイ

本当はそんなことってないんです。

だってモテナイオタクだった私は「どんどん結婚していくオタクの友人たち」をこの目で見ていましたから。

 

もちろん、そのオタクたちは「ライトオタク」や「ファッションオタク」ではありません。結構ガチなやつです。

 

このエピソードが示しているのは

 

「◯◯だからモテない…」って決めつけちゃうのってとても危険だということなんです。

◯◯だからモテない、だからそこを改善すればモテる。

そう思っているうちはモテるようになんてならないんですね。

 

モテるって事を根本的に勘違いしてるんですから。

例えば「自分に自信がない男はダメ」というのは、ある種の真理ではあるのですが

 

自分に自信がある男=モテる
自分に自信がない男=モテない

というわけではなかったりするんですね。
でも「自分に自信がある男がモテている場面をよく見る」というのも事実。

 

これについてみなさんはどう思いますか?

 

私が思うに、モテない人間がモテるようになるためには

ただ単純に自信を持とうとするのではなく

事実を分解して一つずつ正しく学んでから、実践する事

が必要だと思うんです。

 

私だったらこの話の場合はまず、実践を抜いた知識部分だけで

①「自分に自信がある男はなぜ魅力的に映るのか?」

②「自信がある男ってどういう人の事?」

③「どうすれば自然に自信持てる男性になれるの?」

④「自信を持つことによって落ちる落とし穴とは?」

補足:「人それぞれ持つべき自身は違う」
補足:「自信を主張する人と、大人しいけど自信に満ち溢れている人」

これくらいにわけて解説すると思います。

 

長いなぁ…と感じるかもしれませんが、これを二日で一つづつ覚えたとしても12日なんですね。

この後に二週間実践トレーニングをしたとしても、一ヶ月かからないんです。

「一月で自分に自信をつける」

と言われたら短い気がしませんか?

 

ゼロから恋愛を覚えるって、こういうものなんです。

だから「オタクだからモテないんだろうなぁ」とただ漠然と考えていた私は、モテなかったわけですね。

そのことについては、もっと詳しく知ってほしいと私は思うので、別ページで私の率直な考えと、過去の経歴をまとめました。

前後編でボリュームがあるとは思いますが、当サイトの情報を見る上では役立つと思いますので、是非目を通してください。

大倉英人ストーリー
恋愛商材に救われたダメ営業の話

大倉英人と恋愛教材

「お前は、無理に結婚しなくても良いんだよ」

こう親に言われた時は本当に傷つきました。

プライベートでもふさぎがちになり、なんとかそこから脱出しようとして「恋愛本」や「恋愛教材」を買い集めました。

元々、カードゲームなんかが好きな私は、収集するのが好き…という性格が災いして

 

使ってしまった金額は二百万円くらいになってしまいました…

 

昔から好きなものにはドンドンお金を使ってしまう私なので、買いまくっている期間は疑問を持たなかったんですね。

普通の営業マンの私には二百万円はもちろん大金ですので、他の部分のお金はかなり削るはめになりましたが…

そちらも私の過去話に詳しく書いてあります。

 

 

でもある日気がつくわけです。

「恋愛教材に二百万円つかったのにモテてない」

と。

 

まぁ、答えを言っちゃうと「恋愛教材をちゃんと読んでいなかったから」モテることすらなかったんですが。

 

オタクの人でいませんか?まだ読んでいない漫画や小説が部屋にたくさんある人。

金銭的にも限界だった私は、恋愛教材を買うのを一旦やめてちゃんと読むことにしたんですね。

 

先ず感じたのは「金返せ」

最初に手にとった教材の内容ははっきり言ってゴミ以下。

中学生の書いたような妄想恋愛論でした。

当時のモテない私が思ったんですから相当です。

 

そこからは必死です。

なんせ200万円使っていますから…

誰だってそんな状態なら、なんとかそのゴミの山から、活かせる情報を拾おうとしますよね。

 

全ての教材に目を通した結果は

・大半はゴミ
・素晴らしいと手放しで言える内容のものは一握り
・全体的にイマイチでも役立つ情報があるものもいくつか

というかんじでした。

もちろん「本当に活かしたかった」ので、読むだけでなく参考にしながらいろいろと実践していきました。

 

本当に良いと感じたものを活かし、ダメだと思ったものは反面教師にして、メンタル面だけでなく、現実面もがんばったかんじです。

 

まぁ、良い教材だと感じられるものにはちゃんと「悪い例」も語られているので、実質ゴミ教材は必要なかったんですが…

 

その結果がモテる…ということでした。

 

恋愛教材から学んだんでそうでなくては困りますよね。

 

でももう一つ副産物がありました。

 

 

営業成績があがる。

 

 

 

かっこいい言い方させてもらうなら学んだコミュニケーションを恋愛だけに留めず仕事に活かし使った金額を取り戻したわけですね。

 

うーん、あまりかっこよくないかな…。

 

その私の経験は、当サイトで言えばまず「恋愛教材レビュー」にダイレクト生きていると思います。

ダメなものはダメと言います。何故ダメかも言います。

 

それだけでなく、基本良い教材でも「ダメなところはダメ」だと言いますし、「向いていない人」にはどんだけ教材でも勧めません。

私が教えたいのは「良い恋愛教材」ではなく「良い恋愛教材の使い方」ということなんです。

レビューだけでなく、私の恋愛に関するコラムやメルマガでも、結構細かいことまで言います。

 

でもそれは、私がこのサイトで一番大事にしていることがあるからなんです。

大倉英人の話はなんで長いか

何故私のレビューや話は、長めなのか…と思う人も多いかもしれません。

でもそれは恋愛が「人それぞれ」だからです。

同じ男性にアドバイスするにも、相手が違えば攻略が変わってくるものなので、いくら「人間誰にでも共通する部分はある」からと言って、一言では終わらせれないんです。

「こうすればモテる」というポジティブな面ならまだ良いのですが「このテクニックは使う人のキャラによってはただの痛い人になる危険がある」というネガティブ面だったら大変なことになります。

 

極端な例だと「お酒を使ったテクニック」なんかは一歩間違えれば犯罪者ですからね。

 

 

だから私の話は長くなる時が多いのです。

恋愛教材自体が長いものなんで、それの真剣レビューだから、という単純な理由もありますが…

当サイトのしたいレビューは、通販サイトの「簡易レビュー」ではないのでご理解いただけると嬉しいです。

 

また情報は生き物ですので、時代によっては使えなくなるものもざらにありますから、情報発信源であるサイトは、そういう部分も加味していかなければならないと私は考えております。
※基本的には長い目で見たレビューをしていますが、場合によっては追記などもすることがありますのでご了承ください。

 

このサイトのコンテンツがレビューだけでなく、コラムやメルマガなども発信しているのは「様々な事象にリアルタイムに」に対応するためでもあるんです。

大倉英人から読者の皆様へご挨拶

当サイトは皆様の「モテたい」という気持ちに答えるためのものです。

モテたいというのは何もいろんな女性から言い寄られる男になることだけではなく「大好きなあの子に振り向いてもらう」という一途な気持ちを成就させる事でもあると、私は思っています。

 

恋愛というのは難しいものですが、当たり前のものでもあります。

そこを分けているのはやはり「人の力」です。

 

どんなアドバイスをされても、どんなテクニックを知っていても最終的に命運を分けるのは「自力」です。

「私のこのサイトと一緒に、あなたが「恋愛を当然のようにデキる人」になってほしい」

そのためのサイトです。

掲載されていることを読んで終わり…そんな風には考えておりません。

 

ちゃんと「目的通りにモテる」までお付き合いさせていただくつもりです。

惚れた女を落としたいのに、関係ない人からモテても意味無いですからね。

 

では長くなってしまいましたが、今後とも大倉英人と当サイトをよろしくお願いします。

 

 

大倉から恋愛を学びたい!

もっと恋愛話を聞きたい!

と、もし思っていただいたのなら、こちらのコンテンツからご覧いただけると嬉しいです。

>>大倉が教える悩み別の恋愛テクニック基礎

また、どの恋愛商材を購入すれば良いか悩まれている方は、こちらのコンテンツからご覧ください。

>>大倉が選ぶ恋愛教材ランキング

 

それでは、次はサイトの記事やメルマガでお会いしましょう^^

 

大倉英人

このページの先頭へ