たったこれだけ?今すぐ身に着く女性に好かれる会話術

話している画像

突然ですが、モテている男性を想像してください。どんな男性を想像しましたか?イケメンで会話が上手な男性がでてきたのではないでしょうか。モテる男ってイケメンのくせに会話もうまくてずるいんですよ 笑

 

でもイケメンだからって必ずしもモテるわけではありません。一緒にいてて楽しくなかったら、女性もすぐ離れてしまうんですよね。

 

よく美人は3日で飽きるといいますが、イケメンもまたしかりです。なぜかというと人は常に「楽しい事や楽な事」を無意識に求める生き物なんですよね。

 

例えば仕事に行くの嫌だなとか。例えば勉強したくないなとか。人が行動する時のモチベーションって、実はたった2種類しかありません。 「快楽のため」か、「苦しみから逃れるため」です。

 

ディズニーランドに遊びに行きたいなとか。休日はゲームでストレス発散したいなとか。これは快楽を求めて行動をしていますよね。いくらイケメンでも一緒にいるのが苦痛な場合、苦しみから逃れたい」という欲求で女性は男性から離れていきます。

 

そうなるといくら格好良くてもただの残念なイケメンです。笑 女性と長く付き合いたい場合は顔より、「相手を楽しくさせる会話術」が重要なんです。

 

顔を変えることはできませんが、会話術なら後天的に磨くことが可能です。では具体的に相手を楽しくさせる会話術とは何なのかお伝えしていきます。

女性がどういうときに楽しさを感じるのか考える

ポジティブな女性の画像

相手を楽しませるという定義について触れていきます。まず話しておきたいのが、「楽しませる」=「笑わせる」ではありません。ここは非常に勘違いする人が多いので、よくよく読んでください。

 

楽ませてくださいというと、相手を笑わせるためのネタ作りとか始める方がいます。確かに楽しい時間を共有するための手段の一つではありますが、本質は別のところにあります。

 

そもそも、お笑い芸人の人たちは芸歴10年で若手と言われます。あなたはテレビに出ている芸人さんはみんな面白いと思いますか?

 

面白くない人はとことん面白くないですよね。面白い人って、一部だと思います。10年という歳月をお笑いの勉強に当てている人達でも、人を笑わすのって難しいんです。

 

それを素人がやろうとしても難しいです^^;あなたが過去に人と話している時、楽しいと思えた時間はどんな時だったか思い出してみてください。逆に楽しくないなと思った時間はどんな時だったでしょうか。

 

相手が楽しそうにしているとき、自分も楽しい気持ちになりませんでしたか?逆に、相手が楽しそうにしていなかった時はこちらも楽しくなかったはずです。そしてそれは女性も同じように感じていることです。

 

一緒にいる時間を楽しそうに過ごしているだけで、女性も楽しくなるんですよ。これを意識するだけで、合コンでも食事でも相手の反応が変わってきます。

 

小学校の時とか中学生の時、周りに人が集まってくる人はどんな人だったでしょうか。常にポジティブで、人の悪口を言わない人が人気者になっていたかと思います。

 

誰だってポジティブな人と話したいし、ネガティブな人とは話したくないんです。オレ何やってもダメだんだよね・・とか、延々と聞くのはしんどいですからね。

 

「女性に好かれる会話術」 = 「人に好かれる会話術」なんです。なので、まずは自分がポジティブになるところから始めましょう。

ポジティブな自分を作って女性に好かれる会話術を身に着ける方法

さて、いきなりポジティブになれ!!と言われてもすぐなれるわけではありません。日々少しづつ訓練して、プラス思考に考えを持っていく必要があります。

 

そこで、再現性のある2つのやり方を紹介します。

・マイナスな考えが浮かんだらすぐに頭の中で取り消す
・自分は楽しいやつだと女性と会う前に鏡の前で20回口に出して繰り返す

 

これを普段からやっておくと、驚くほどプラス思考に頭が切り替わっていきます。嘘のようで、本当の話です。自己暗示ってやつですね。

 

まずマイナスな考えが浮かんだら、「今の無し!!」ってすぐ取り消します。例えばオレダメな人なんじゃないだろうか、嫌われてるんじゃないだろうか、とか。

 

マイナスなことを考えるからネガティブなオーラが出てしまうんです。頭の中はポジティブなことで埋めておけば明るい人になれます。

 

楽しいことばかりのお花畑みたいな頭にする必要はありません。笑意識するだけで全然違うので、ぜひ一度やってみてください。

 

次に、鏡の前で自分は楽しいやつだと繰り返す。これは女性と会うときだけじゃなくて、毎日やるといいと思います。

 

これも自己暗示です。口に出して繰り返すことで、明るくて楽しい人へ徐々に変化していきます。

 

自分の中身が変わることで、女性や周りの人の反応が変わってきます。

 

別に変な言い回しとかこういう質問をするとか、そんなテクニックは必要ありません。ただ自分が楽しくしているだけで、相手も楽しく話すことができます。

 

こういったコミュニケーションの基本が女性を口説くには重要だと私は思います。

 


動画で学ぶ、大倉のメルマガ恋愛講座

<!–NoAds–>

現在、大倉が過去の恋愛経験を元に作成した<span style="color: #ff0000;"><strong>「動画で学べる恋愛講座」</strong></span>をメルマガで無料プレゼントしています。(全7回・合計100分)

&nbsp;

<strong>・女性と2人で食事に行くと、なぜか女性から帰りたくない素振りをして、自動的にラブホテルに行ってしまう方法</strong>

<strong>・理解すると女性をスマートに口説けるようになる、女性心理の大原則</strong>

<strong>・<span style="color: #ff00ff;">「<strong>今日はなんだか帰りたくないな…」</strong></span>と、自然に女性が思ってしまう会話技術</strong>

&nbsp;

など、ピンポイントで女性を口説き落とすためのテクニックをお届けします。

<!–<span style="color: #ff00ff;"> <strong>「今日はなんだか帰りたくないな・・。」</strong></span>

そう自然に女性に思わせる方法、知りたくありませんか?–>

ブログで何度かお伝えしていますが、セックスの後は彼女にするのも、セフレにするのもあなたの自由です。

<strong>「このまま独身は嫌だ!」</strong>

<strong>「もっと女の子を口説いてセックスできる人生にしたい!」</strong>

という方は、ぜひ名前とメールアドレスをご記入ください。あなたが少しでも多くの女性と関係が持てるように、私がサポートします。
<div align="center">

<img class="alignnone wp-image-4942" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/45670fab58331326cb66aa9cd12bbee9.png" alt="テスト5" width="500" height="295" />

<form method=post action="https://kanojotukuri.com/neo/usrctrl.php"><input type="hidden" name="mag_id" value="2" /><input type="hidden" name="type" value="form" /><input type="hidden" name="charset" value="u" /><input type="hidden" name="act" value="add" />
<fieldset style="border: none;"><label><strong>名前(姓名が同枠)*必須</strong>
</label><input type="text" size="30" name="name" istyle="1" format="*M" mode="hiragana" />

<strong>メールアドレス*必須</strong>
<input type="text" size="30" name="email" istyle="3" format="*x" mode="alphabet"   /></fieldset>
<fieldset style="border: none;"></fieldset>
<input alt="送信する" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/97dfb507b2104ef1db296311a1e2a01b.jpg" type="image" />

<!–<input id="submit" type="submit" value="→ とりあえず登録する ←" />
</form></div>!–>

※決してお客様に対してスパムメール等の迷惑行為をしないことをお約束します。大倉のメールが不要になりましたら、全てのメールに記載されているリンクをクリックすれば、いつでも購読は解除可能です。お客様のプライバシーは厳守します。あなたの個人情報の外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

</form></div>

このページの先頭へ