好きな女性と2人になると、緊張して話せなくなってしまう・・解決方法は?

緊張している男性
恋愛は学ぶもの!恋愛コンサルタントの大倉です。
私を知らない方は、プロフィールをご覧ください。

 

好きな女性と2人なると緊張して頭が真っ白になる・・

慌ててしまって、まともな会話にならない。

 

そんなお悩みをお持ちのあなたに、どうすれば良いのかお伝えしていきます。

女性と2人になっても緊張しなくなるには?

この悩みを解決するには、「あなたが緊張している理由」を探っていく必要があります。

あなたは好きな女性と会うと、なぜ緊張してしまうのでしょうか?

結論からお答えすると、理由は2つあります。

 

・自分に自信が無い
・無意識に「非常に価値のある人」という判断を下している

 

大体の方は、この理由に当てはまります。

それぞれなぜ緊張してしまうのか、その解決方法についてお話していきますね。

自分に自信が無い

自信が無い男性

これについては、その言葉のままですね。

自分に自信が無いから、女性を前にすると緊張してしまうんです。

これは同時に、目の前の女性の方が自分より格上と判断している、とも言えます。

 

自分なんかがこんな可愛い子と付き合えるわけが無い
自分なんかがこんな可愛い子に相手してもらえるわけが無い

 

こんな心理で女性と接すると、どんどん自信が無くなり、緊張して、あたふたしてしまいます。

そんなあなたを見て女性は気持ち悪いと思い、「無し」の判断を下すのです。

あなたが女性を好きになれば好きになるほど、その女性はあなたの事を嫌いになる方程式が成り立ってしまいます。

 

では、どうすれば自分に自信を持つことができるのか?

私は自信を持つには、「圧倒的な準備の量」だと思います。

例えばイチローを思い出していただきたいのですが、間違いなく自分の野球に自信を持っていますよね?

彼に才能があったから、自信があるのでしょうか?

違いますね。

 

他の人より圧倒的に努力した自負があるから、自分の野球に自信があるんです。

 

彼は小学生の時から友達が遊んでいるのを横目に、休みの日は1日8時間以上練習をしていたそうです。

もちろんメジャーリーガーになった今の方が、間違いなく練習量は多いと思います。

 

あなたも恋愛に対して、女性にモテるように必死に努力してみてください。

 

髪型は大丈夫か?身だしなみは?ファッションは?

女性との話題は準備してる?デートのお店は調べつくしているか?

出来る事、思いつくことは、全てやっているか?

 

これだけやってるんだから、オレに口説けないわけない!

 

そう思えるぐらい努力することが、自信をつける一番近道です。

 

『women master project』等の恋愛総合教材をよく読んで、内容を漏れが無いように実践すると良いかなと思います。

また、もしやる気があるなら、『だからモテないんだヤれ』のようなナンパ教材でナンパを学び、度胸を付けてもよいかもしれません。(相当荒療治ですが、女性への体制は間違いなくつきます。)

無意識に「非常に価値のある人」という判断を下している

美人の女性

これは少し先ほどの話題も被りますが、あなたは緊張している女性に対して、価値を感じています。

 

例えば近所のおばちゃんと話しても、緊張しないと思います。

 

これは近所のおばちゃんに対して、もしなにか失敗しても、特に問題ないと考えているからですね。

 

でも会社で大勢の前でプレゼンするときってどうですか?

 

めっちゃ緊張しますよね。失敗すれば恥をかきますし、上司のメンツもあります。

でも成功すれば褒められるし、昇進の可能性もあります。

「大勢の前でのプレゼン成功」に価値を感じているから、緊張するわけです。

 

だから目の前の女性に対して、あなたが感じている価値を薄める努力をする必要があります。

 

「目の前のたった一人の女性」だと物凄く価値がある気がしますが、「星の数ほどいる女性の中の一人」だと考てみてください。

もしこの人に振られたとしても、まだまだ女性はいるんだから大丈夫!

これぐらいの気持ちに余裕を持つと、緊張しなくなります。

 

大丈夫です。人生は長いですし、このサイトに書いているノウハウを使えば、女性との出会いはたくさん作れます。

できるだけ気負わず、相手の女性と接してみてください。

 

今あなたの目の前にいる女性をがどうしても口説きたい女性なら、『モテ会話マスタープログラム』などの会話教材を使って、半強制的に女性と自然に話せるような自分を手に入れる努力をしても良いかと思います。

 

とにかく、できることはなんでもやるという姿勢が大切です。

まとめ

女性と緊張せずに話せるようになるには、「あなたが女性に感じている価値を薄める事」と、「自信が着くぐらい準備をすること」が大切です。

今は満足に女性と話さなくても、努力すれば必ずバンバン女性を口説ける男性になることができます。

あきらめず、できることから努力していきましょう!

>>「狙った女性を口説ける男性になるには?~女性コミュニケーション編~」に戻る


動画で学ぶ、大倉のメルマガ恋愛講座

<!–NoAds–>

現在、大倉が過去の恋愛経験を元に作成した<span style="color: #ff0000;"><strong>「動画で学べる恋愛講座」</strong></span>をメルマガで無料プレゼントしています。(全7回・合計100分)

&nbsp;

<strong>・女性と2人で食事に行くと、なぜか女性から帰りたくない素振りをして、自動的にラブホテルに行ってしまう方法</strong>

<strong>・理解すると女性をスマートに口説けるようになる、女性心理の大原則</strong>

<strong>・<span style="color: #ff00ff;">「<strong>今日はなんだか帰りたくないな…」</strong></span>と、自然に女性が思ってしまう会話技術</strong>

&nbsp;

など、ピンポイントで女性を口説き落とすためのテクニックをお届けします。

<!–<span style="color: #ff00ff;"> <strong>「今日はなんだか帰りたくないな・・。」</strong></span>

そう自然に女性に思わせる方法、知りたくありませんか?–>

ブログで何度かお伝えしていますが、セックスの後は彼女にするのも、セフレにするのもあなたの自由です。

<strong>「このまま独身は嫌だ!」</strong>

<strong>「もっと女の子を口説いてセックスできる人生にしたい!」</strong>

という方は、ぜひ名前とメールアドレスをご記入ください。あなたが少しでも多くの女性と関係が持てるように、私がサポートします。
<div align="center">

<img class="alignnone wp-image-4942" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/45670fab58331326cb66aa9cd12bbee9.png" alt="テスト5" width="500" height="295" />

<form method=post action="https://kanojotukuri.com/neo/usrctrl.php"><input type="hidden" name="mag_id" value="2" /><input type="hidden" name="type" value="form" /><input type="hidden" name="charset" value="u" /><input type="hidden" name="act" value="add" />
<fieldset style="border: none;"><label><strong>名前(姓名が同枠)*必須</strong>
</label><input type="text" size="30" name="name" istyle="1" format="*M" mode="hiragana" />

<strong>メールアドレス*必須</strong>
<input type="text" size="30" name="email" istyle="3" format="*x" mode="alphabet"   /></fieldset>
<fieldset style="border: none;"></fieldset>
<input alt="送信する" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/97dfb507b2104ef1db296311a1e2a01b.jpg" type="image" />

<!–<input id="submit" type="submit" value="→ とりあえず登録する ←" />
</form></div>!–>

※決してお客様に対してスパムメール等の迷惑行為をしないことをお約束します。大倉のメールが不要になりましたら、全てのメールに記載されているリンクをクリックすれば、いつでも購読は解除可能です。お客様のプライバシーは厳守します。あなたの個人情報の外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

</form></div>

このページの先頭へ