Perfect Communicationを購入レビュー

『一日5分のトレーニング』
それだけで会話がうまくなるのか?
会話教材の品質と実用性とは?Perfect Communication

今回の教材、厳密に言えば恋愛教材ではありません。

ですが、世の中には恋愛に活かせる「恋愛用ではない教材」が多いのも事実。

 

特に今回のような会話教材は、コミュニケーションの基礎につながるので、恋愛に効果を発揮するものが多いのです。

今回紹介するのは、そんな会話教材なのですが

残念ながらオススメするのには至らないものです。

 

それでも今回このレビューをさせてもらった理由は

会話教材とは何かを知ってもらうため。

恋愛用の会話教材を含めて、どんな「会話教材」が有効なのかということを、良くない例をもって知っていただこうと思ったからです。

 

今回の「Perfect Communication」は

一見悪く無さそうだけど、実用性にかける65点(C級教材)

教材に対するあなたの目を養うつもりで、レビューをご覧ください。

Perfect Communicationってどんな教材?

Perfect CommunicationPDF130ページ、19800円。

「あなたの人生を劇的に変える会話術」と銘打った教材です。

コミュニケーションの本質的な原理を身につける。

これが「話し方教室」や「通信教育」よりも効果的。

一度買ってしまえば追加料金がかからない「教材」のほうが経済的。

 

そういった内容も公式ホームページに記載されています。

Perfect Communicationのダメな所

最初に結論から言うと

公式サイトにあった「一日5分」のトレーニング。

これが全く感じられない内容でした。

なので、今回のレビュー「トレーニング」に関する話は全く出てきませんw

 

では話を進めましょう。

 

突然ですが、あなたは会話教材に何を求めますか?

当然ながら「上手に会話できるようになること」ですよね。

では何故、会話教材を購入しようと思いましたか?

それは「コミュニケーションが苦手」だと感じているからですよね。

人によっては「会話が怖い」と言う人もいるでしょう。

 

そういう場所から「会話を学び」脱出する。

これは悪い手段ではありません。

 

他には

コミュニケーションの本質を知ることで、恋愛というものへつなげていく。

こういう発想の方もいるでしょう。

 

その双方のために必要なもの。

それがこの教材には欠けているのです。

 

それが何かというと

実践性。

 

「会話というものがどういうものなのか」という知識面はまだそこそこ良いのですが…

その「知識」をもとにいざ、実践に移そうとすると、そのお手本となる例が少なすぎるのです。

 

そのぶん知識面に関する情報が多い…と割り切れば良いのですが、覚えたところで多くの方が

「知識はついた気がするけど…実際会話になったら何て喋ればいいの?」

という結果になってしまうでしょう。

 

たしかにこの教材の言うとおり、マインド面はとても大事なのですが、初心者というものは「マインドを理解しても言葉が出てこない」から初心者なのです。

でもそれは仕方ないことなのですね。

知識だけ付けても、会話経験が無いから上手くなりようがないのです。

だからこそ練習が必要。

会話がうまくなるためには、知識を身に着けてすぐに実践。
これを繰り返してくことが大切なんですね。

もっと言ってしまえば「実践していない知識」が正しいかどうかなんて、誰にもわからないですよね。

 

でもこの教材には「初心者が簡単にできる実践」のナビゲートが、なされていない。

だから、本当の意味での初心者向きにはなれていないのです。

 

知識面で見ると、この教材には間違ったことはあまりかかれていませんし、むしろ有益な内容が多いのでもったいないですね。

 

では、知識を学ぶ教材としてはベストなのか。

この質問には残念ながら「ノー」と答えざる終えません。

 

なぜなら、ちょっと詰め込みすぎているから。

一つの物事を、簡潔にまとめられていないぶん頭に入りにくい。

そう感じる部分が多々ありました。

 

無駄とまではいませんが、少し本題に入るのに回りくどいのですね。

もちろん簡潔すぎるのも良くないのですが…

この教材の場合は、その簡潔さがかなり不足しているので、ある程度の「要点を抜き出す能力」が必要となってしまうのですね。

 

では、ここから「否定的な意見」ではなく良い点も見ていきましょう。

この教材の良い所、それは「当たり前のこと」を書いてくれていることですね。

会話においての当たり前。

 

例えば

相手が楽しく聞けるような話をすること

相手に好かれたかったら、嫌われようとするのではなく、ちゃんと好かれる行動をとること

これってどんなコミュニケーションにも通じることですね。

 

そんな当たり前のこと。

これを芯に話をつづけてくれるので、変な方向へと話がブレにくいのです。

 

正直、最初から最後まで一貫しているこの「当たり前」という軸がなければ、この教材はかなり酷いものになったでしょう。

 

なぜならこの教材には「会話というものに関する雑学」がたくさんありすぎるからです。

なるほど!と思えるものもちゃんとあるのですが、全てがそうではありません。

 

●●の法則

とある心理学者

的な、ちょっと「?」となってしまいそうな話もたくさんあるのですね。

 

あえて「難しい話」を混ぜる。

これは「テクニック」の一つではあるのですが、この教材の場合はそれが裏目に出ています。

 

正直、そこを削って価格を下げたほうが良い教材になったでしょう。

 

難しい言葉の連続、よくわからない法則の話。

これが主体で何ページも続く項目などは、多くの方が苦痛を感じるのではないでしょうか。

 

必要性を感じられない難しい話を混ぜてくる。

これはこの方の文章の癖なのでしょう。

 

これがとても残念なポイントですね。

 

ではここで一度、今までお話した「良くない会話教材」のポイントをまとめてみましょう。

①初心者が練習として実践できるナビゲートがない

②必要以上に難しい話が入っている

これ、知識だけで頭でっかちになっている人の話し方に、とても似てるんですね。

 

思うにこの作者さんは、コミュニケーションがあまり得意ではないのではないでしょうか。

こう言ってしまうと、けなしているように聞こえてしまうかもしれませんが、そういうつもりではありません。

なんていうか、私もかつてはコミュニケーションが苦手で相当苦しんだので…

読んでいて歯がゆいのですw

 

随所から感じさせる「なんとか良いメッセージを読者に伝えたい」という思い。

そういう努力の精神は、かなりこの教材から感じています。

それ故の空回り。

 

作者さんは一生懸命にこの教材を作った。

それはごくわかります。

でも、教材は教えるためのもの。

ここがクリアできていなければ、どんだけ真剣に作られたものでも、人には薦められません。

 

そしてもう一つ、ここに厳しい指摘をさせてもらうなら

この教材、作者さんの自慢気な雰囲気が見え隠れしています。

「俺はこんな知識あるんだぞ」

そんな意識のせいで「伝えるための教材」が「ただの知識の羅列」になってしまっているような気がしました。

 

先程も少し話しましたが、これは教材によくある手段の一つでもあるのです。

専門的に「聞こえる」知識を見せることで「すごい人」であることを演出する。

簡単に言うなら、お金を持っていることをアピールするために財布に入れておく「見せ金」みたいなものですね。

 

実際の貯金額と、この見せ金は関係ない。

 

これは教材の情報にも言えることです。

 

でも、それを見た人…特に何も知らない初心者にはそれがよく効くのです。

 

そして、このテクニックは多くの教材で使用されています。

 

意図はわかりませんが、今回の「Perfect Communication」にもそれに該当する部分が多くありました。

 

それに惑わされないためには

「知らないことを学ぶ時は、まず理解できることから情報を整理」

することです。

 

書かれていることをそのまま活かすことができたら、すごく良いのですが、全ての教材がそうではないのですね。

むしろ、ダメな教材のほうが多いのです。

だからこそ、そういう自分の意志はとても大切なのです。

 

何故、この教材がダメなのか。

3つめのポイントは

③身を任せれない情報の不安定さ

ということにあります。

 

この教材

「だそうです」

というような、言い切っていない表現も多く見られます。

 

それは「教材の元」にしている「情報源」が不安定という証拠でもあるのです。

 

かなり厳しく言わせてもらいましたが、この教材、数ある教材の中では「まぁ悪くないほう」です。

でも良いものではないのですよね。

 

世の中、ある程度曖昧な表現も大切ですが、教材においては良くないものは良くない。

そういう目線を忘れないようにしたい、そう思わされる教材でした。

Perfect Communicationの評価

こんな所がダメ教材

  • 実戦生の低さ
  • 必要性を感じない難しい話が多い
  • 情報源が不安定

少し自分に酔っている人が書いた精神論。

大量の知識を無作為に集めて書いたもの。

そんな印象です。

会話に関する雑学が多いというのが、この教材のある種の特徴ではあるのですが、それではただの「読み物」です。

 

会話ということに関する知識を、良し悪しにかかわらずつけたい。

そんな興味半分で読んでみるなら良いと思います。

そんな全体的にモヤモヤした教材でしたw

 

他の教材でも書いたことなのですが「教材は読者と作者のコミュニケーション」です。

これがうまくとれていないと、どうしてもただの「読み物」に成り下がってしまうのですよね。

 

「読み物」が書きたいのか「教材」が書きたいのか。

それがいまいちわからない今回の「Perfect Communication」

評価点は

C教材65点

とさせていただきます。

 

あえて無理やり対象者を探すなら

「雑学をつけてから、正しいノウハウを学びたい」

という方には良いかもしれません。

 

会話術を身につける、そしてそれを恋愛に活かそう

そういう気持ちの方は「モテ会話マスタープログラム」という教材のほうが良いでしょうね。

こちら価格も17800円と今日の「Perfect Communication」よりも安価となっています。

では最後に「レビューの補足」として、少しこの「モテ会話マスタープログラム」を今回の教材と比較させていただきます。

 

モテ会話マスタープログラムはこの教材とは違い「動画教材」です。

作者である出水聡さんが実際にカメラの前で話しながら「会話」を教えてくれます。

そしてその会話を「真似すること」ができるのですね。

別にPDFが悪いというわけではありませんが、今回の比較だとこれは大きな差です。

 

そしてやはり内容の差。

ここはとても大きいです。

 

詳しくは「モテ会話マスタープログラムのレビュー」を読んでいただければわかるのですが、実に実践的。

かといって「知識」や「マインド」が抜けているというわけでもない。

ただ、この「知識」がPerfect Communicationとどう違うかと言うと

 

出水聡さんと一緒に、実践…最初は真似してみることから、リアルに身につけていける「知識」というところですね。

使える知識か、読んで楽しむ知識か。

この差があります。

 

今回の教材、単品で見るとそんな「最悪」というものではないので心苦しいですが、これだけ他の教材に差をつけられてしまうと「かなりの個性」がないと、推す理由が無くなってしまいます。

今回は残念ながら「雑学」という個性が悪い方へ作用してしまいましたが。

もう少しがんばってほしい!

そんな教材でした。
申し訳ありませんが、今回の教材、購入して欲しいと思えないので、公式ページのリンクは貼りません。

>>カテゴリ別の優良教材ランキングはこちら


動画で学ぶ、大倉のメルマガ恋愛講座

<!–NoAds–>

現在、大倉が過去の恋愛経験を元に作成した<span style="color: #ff0000;"><strong>「動画で学べる恋愛講座」</strong></span>をメルマガで無料プレゼントしています。(全7回・合計100分)

&nbsp;

<strong>・女性と2人で食事に行くと、なぜか女性から帰りたくない素振りをして、自動的にラブホテルに行ってしまう方法</strong>

<strong>・理解すると女性をスマートに口説けるようになる、女性心理の大原則</strong>

<strong>・<span style="color: #ff00ff;">「<strong>今日はなんだか帰りたくないな…」</strong></span>と、自然に女性が思ってしまう会話技術</strong>

&nbsp;

など、ピンポイントで女性を口説き落とすためのテクニックをお届けします。

<!–<span style="color: #ff00ff;"> <strong>「今日はなんだか帰りたくないな・・。」</strong></span>

そう自然に女性に思わせる方法、知りたくありませんか?–>

ブログで何度かお伝えしていますが、セックスの後は彼女にするのも、セフレにするのもあなたの自由です。

<strong>「このまま独身は嫌だ!」</strong>

<strong>「もっと女の子を口説いてセックスできる人生にしたい!」</strong>

という方は、ぜひ名前とメールアドレスをご記入ください。あなたが少しでも多くの女性と関係が持てるように、私がサポートします。
<div align="center">

<img class="alignnone wp-image-4942" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/45670fab58331326cb66aa9cd12bbee9.png" alt="テスト5" width="500" height="295" />

<form method=post action="https://kanojotukuri.com/neo/usrctrl.php"><input type="hidden" name="mag_id" value="2" /><input type="hidden" name="type" value="form" /><input type="hidden" name="charset" value="u" /><input type="hidden" name="act" value="add" />
<fieldset style="border: none;"><label><strong>名前(姓名が同枠)*必須</strong>
</label><input type="text" size="30" name="name" istyle="1" format="*M" mode="hiragana" />

<strong>メールアドレス*必須</strong>
<input type="text" size="30" name="email" istyle="3" format="*x" mode="alphabet"   /></fieldset>
<fieldset style="border: none;"></fieldset>
<input alt="送信する" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/97dfb507b2104ef1db296311a1e2a01b.jpg" type="image" />

<!–<input id="submit" type="submit" value="→ とりあえず登録する ←" />
</form></div>!–>

※決してお客様に対してスパムメール等の迷惑行為をしないことをお約束します。大倉のメールが不要になりましたら、全てのメールに記載されているリンクをクリックすれば、いつでも購読は解除可能です。お客様のプライバシーは厳守します。あなたの個人情報の外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

</form></div>

このページの先頭へ