R36娘 のような “ 年下 の 女性 ” を 愛人 にする 方法を購入レビュー!


勘違いだらけの悪質教材
女性を傷つける可能性も
都合の良いことしか言わない教材です

R36

こんにちは、大倉英人です。

今日の教材はR36

娘のような年下女性を愛人にする方法という教材ですね。

こちらオヤジ好きな女の子、もしくはそういう可能性を持った子を見つけセックスするという、夢がありつつも謙虚な雰囲気が漂う教材です。

実際「全ての女性がオヤジ好きではない」というような解説もちゃんといれてきていますので、なかなか無茶を言わない教材のように思えます。

 

そんなこの教材を購入し隅々まで見た結果、私がつけた点数は

21点(D級教材)かなり低めの点数です。

なぜダメなのかということはこの後しっかりレビューさせていただきましたので、どうぞご覧ください。

R36ってどんな教材?

PDF182ページ。R36

見た目のクオリティとしてはやや低めという感じでしょうか。

少し見にくいフォントを使用していたりする部分は「作っている人はオヤジですよ」という感じが出ているので、演出としては正解かもしれませんね。

まずこの教材は恋人ではなく愛人を作ることを中心に話していきます。

愛人に出来れば彼女にするのは楽勝。

そう言い切るのですが、それはちょっと極端すぎますね。

 

あといちばんの問題は、オヤジ好きの女性はかならずいると押しすぎている点。

確かにそういう女性はそれなりな数存在しますが、この教材ではちょっと誇張しすぎだと思います。

この教材は一応「オヤジ好きじゃない子もいる」とかは言うには言うのですが、全体的にオヤジのメリットをメインに押し出し、オヤジのデメリットはあまり語らないのですね。

デメリットの掘り下げが少ないということは、オヤジであることへのリスクの理解と対策が語られていないということでもあります。

つまりこの教材はいい事を言い過ぎているのです。

なんというか嫌な言い方をするなら偽善的。

オヤジをいい気分にさせる内容がつらつらと並べてあるという感じです。

 

実際この教材のノウハウだけで勝負すると、失敗する確率が高くなっていることでしょう。

それがどういうことか。

R36

あなたが狙っている若い子をドン引きさせる可能性があるということ。

自分のメリットばかり注目している男は痛々しいですからね。

特にオヤジでそうなってしまうと「いい歳して…」と思われてしまうでしょう。

 

そういうことって意外と若い子はすぐ思うので、本当に気をつけていくべきところなのですが…この教材からそれを学ぶことはできません。

 

特に私が危険だと思ったのは「自分は歳上(オヤジ)だからこそ、女性の苦しみも理解できているという姿を見せる」ということ。

具体的には、自分が歳上であることを利用し家庭環境やトラウマなどに触れて女性の感情を掴んでいく方法が紹介されていますが、この教材のような軽い感じで触れるのはリスクが高すぎます。

引かれるどころか、相手の気分をかなり下げてしまうでしょう。

これは女性にも失礼すぎるのではないでしょうか?

愛人にするどころか、引かせて傷つける。

そんな結果になる可能性がこの教材にはたくさん含まれています。

オヤジという存在を必要以上にポジティブに捉え、オヤジ好きな女性を必要以上にネガティブであると決めつけた最悪の教材です。

 

この教材に書かれているのは悪質な大人の勘違い意見であることは確かです。

 

大人であればあるほど、この教材は手にとるべきではないと思います。

せいぜい若い人が読んで「こんなオヤジにならないでおこう」と思えることくらいしか、この教材に価値はないと思います。

 

テーマや着眼点は悪くないところがいくつかあるぶん、もったいない教材ですね。

これは作者さんの人間性のせいかもしれません。

謙虚な雰囲気も冒頭だけで、だんだんと薄れ若者をわかったつもりになっているだめなオヤジの色が濃くなっていったのは非常に残念でした。

R36のここがダメ

こんな所がダメ教材

  • 謙虚なのは最初だけ
  • 女性をネガティブに描きすぎ
  • オヤジのリスクを語らなすぎ

ある意味まちがっていないことは確かに書かれています。

この教材に書かれているネガティブな女性ももちろん存在します。

だからと言ってこの教材は肯定できません。

本当のことが一部あるからこそ、読者を勘違いさせやすいからです。

それがなければただの「勘違いオヤジの妄想」の塊として紹介したでしょう。

ただ、この教材は違う。

作者の人が勘違いしたまま書いているのか、それとも読者のオヤジを「これは良い教材だ」と勘違いさせようとしているのか。

D教材21点

何度か見直しても、この教材は良い評価はできませんでした。

すでにこの教材を買ってしまった人は、絶対に鵜呑みにしないようにしてください。

 

今回のaaaaaaaaは、そこまで高評価な教材ではないので、私は購入してほしくないと思うのでリンクは貼りません
>>カテゴリ別の優良教材ランキングはこちら

大倉英人のあとがき

今回の教材は個人的にはきつく言いたくなる教材でしたが、それをやると不公平なのでいつもと同じ視点でレビューさせていただきました。

もっと感情的にレビューしたら、この教材は0点になってしまう気がします。

女性のネガティブな部分を利用するのは私は否定しません。

それは女性を口説く上で良い手段だからです。

でもこの教材はダメ。

口説くこともできず、セックスすることもできず、ただネガティブを刺激するだけの危険性が高いのです。

つまりマイナスしか産まないのですね。

男性も女性も得しない。

これは結構ひどい状況ではないでしょうか?

ただこの教材、しばらく見ていればダメなことは大半の人はわかると思うのである意味では不安は少ないかもしれません。

でも騙されている人もいるのは事実。

このような悪質な教材は早くなくなって欲しい。

そう素直に思います。

もっとまともな教材はあります

本日レビューしたような使えないダメ教材ではなく、ちゃんと恋愛に役立つ教材というものはちゃんと存在しています。

それと同時に、他のダメ教材、役立ちそうだけど今一歩たりない教材なども存在しています。

そんな中から良い教材を探すのは簡単なことではありません。

そのために、まずアタナが一番最初にやるべきことは恋愛教材を把握することです。

どのようなものがあるか知らなければ、自分にあうものなど選ぶことはできません。

以下のバナーから私が購入して書いた100本以上の恋愛教材のレビュー、そしてランキングに飛べますのでどうぞご利用ください。

※当サイトのランキング、レビューは全て無料で閲覧できます。

恋愛教材ランキング

 


動画で学ぶ、大倉のメルマガ恋愛講座

<!–NoAds–>

現在、大倉が過去の恋愛経験を元に作成した<span style="color: #ff0000;"><strong>「動画で学べる恋愛講座」</strong></span>をメルマガで無料プレゼントしています。(全7回・合計100分)

&nbsp;

<strong>・女性と2人で食事に行くと、なぜか女性から帰りたくない素振りをして、自動的にラブホテルに行ってしまう方法</strong>

<strong>・理解すると女性をスマートに口説けるようになる、女性心理の大原則</strong>

<strong>・<span style="color: #ff00ff;">「<strong>今日はなんだか帰りたくないな…」</strong></span>と、自然に女性が思ってしまう会話技術</strong>

&nbsp;

など、ピンポイントで女性を口説き落とすためのテクニックをお届けします。

<!–<span style="color: #ff00ff;"> <strong>「今日はなんだか帰りたくないな・・。」</strong></span>

そう自然に女性に思わせる方法、知りたくありませんか?–>

ブログで何度かお伝えしていますが、セックスの後は彼女にするのも、セフレにするのもあなたの自由です。

<strong>「このまま独身は嫌だ!」</strong>

<strong>「もっと女の子を口説いてセックスできる人生にしたい!」</strong>

という方は、ぜひ名前とメールアドレスをご記入ください。あなたが少しでも多くの女性と関係が持てるように、私がサポートします。
<div align="center">

<img class="alignnone wp-image-4942" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/45670fab58331326cb66aa9cd12bbee9.png" alt="テスト5" width="500" height="295" />

<form method=post action="https://kanojotukuri.com/neo/usrctrl.php"><input type="hidden" name="mag_id" value="2" /><input type="hidden" name="type" value="form" /><input type="hidden" name="charset" value="u" /><input type="hidden" name="act" value="add" />
<fieldset style="border: none;"><label><strong>名前(姓名が同枠)*必須</strong>
</label><input type="text" size="30" name="name" istyle="1" format="*M" mode="hiragana" />

<strong>メールアドレス*必須</strong>
<input type="text" size="30" name="email" istyle="3" format="*x" mode="alphabet"   /></fieldset>
<fieldset style="border: none;"></fieldset>
<input alt="送信する" src="https://xn--nbku14gn3gtig.com/wp-content/uploads/2015/12/97dfb507b2104ef1db296311a1e2a01b.jpg" type="image" />

<!–<input id="submit" type="submit" value="→ とりあえず登録する ←" />
</form></div>!–>

※決してお客様に対してスパムメール等の迷惑行為をしないことをお約束します。大倉のメールが不要になりましたら、全てのメールに記載されているリンクをクリックすれば、いつでも購読は解除可能です。お客様のプライバシーは厳守します。あなたの個人情報の外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

</form></div>

このページの先頭へ